本文へスキップ

山形市の一級建築士事務所  山形で環境を考えた省エネ住宅、地域に根ざした建築空間を設計しています。

電話でのお問い合わせは023-646-3553

〒990-2453 山形市若宮2丁目8番33号

家づくりのポイントcontact us

最近の家づくりについて、疑問に思うことはありませんか?
 長くこの仕事をしていて感じていることがあります。多くの方が、とりあえずハウスメーカーの展示場に足を運ばれていますが、そこで営業マンにつかまると夜討ち朝駆けで営業攻勢を受けてよくわからないまま、「一生懸命来てくれるから大丈夫だろうと、契約してしまった」ということや「工務店は、やり慣れた昔ながらの家づくりしかできず、こちらで頼んだことをできないと言われた」「建築家は自分のデザインに固執して変更したいのにできなかった」などコンサルティングで多くの相談をしていて伝わってきました。これが多くの日本の家づくりの現状でした。
 TOMO設計ではクライアントのライフスタイルに合った「自分たちの望んでいる家」ができたと思っていただけるような家づくりに取り組んでいます。

 (有)TOMO設計コンサルタントは、設計事務所にコンサルタントという名称を付加しています。ただ設計をするだけではなく、住宅(建築)づくりに関する最初の計画段階から竣工までの種々のご相談をお受けすることで、良い住宅(建築)ができるように総合的にアドバイスするコンサルタント業務も行う会社です。

ハウスメーカーや工務店により『坪単価』の意味は違っています。
 どこまでの建築施工内容が入っている工事価格なのか。またその工事価格をどのような面積で割るのかの決まりはありません。
工事価格については、施工会社によって本体工事だけのところ、その他の追加部分でも一例をあげれば、照明器具や網戸、設備機器のグレードなど不透明な箇所が満載です。
面積でも床面積の合計なのか、吹抜が入るのか、ポーチは、テラスは、小屋裏収納はと、きりがありません。当然面積を増やしていけば、坪単価はどんどん下がっていきます。
工事仕様、工事範囲、設備内容、建築部材、更にこれらを明記した詳細な図面が無いのに坪単価を検討しても意味がありません。
 坪単価を安く見せるために、基本仕様価格というものがあります。
価格競争に打ち勝つために大変安く設定しています。しかし、この価格で契約になる例はあまり無いのが実情です。そして追加工事は、工事費が高く設定されているので、最初から自分の欲しい内容で価格を検討したほうが良いでしょう。
きっちりとした見積を取るためには、工事内容がわかる工事仕様書と詳細な設計図面がなければなりません。
 一般論ですが、住宅営業の方は歩合給が多いので契約を早くもらうために過大な説明をしがちです。性能の根拠がないのに高断熱高気密ですとか、耐震性があって頑丈ですなどと言葉と、パンフレットのみの説明が多いようです。
その他には、たとえば『何日までに契約すると○○のサービスをします』とか言われますね。
その日がすぎてしまっても、その後また別のサービスが始まります。(笑)
 ハウスメーカーでは、自社の住宅については、たくさんのメリットを説明しますが、多くの場合、営業マンは専門知識が少ないので、好き勝手なことを各社から言われて混乱してしまう建主さんが多いようです。詳細な図面が無い段階で、ハウスメーカーと何千万円もの請負契約をすることに疑問を感じませんか?
契約してから、「こんなはずではなかった。」とならないためにも事前のご相談をお勧めいたします。

 ●よくある質問 ←こちらをクリック

TOMO設計の家づくりは設計と施工を分離しています。
 
工務店もハウスメーカーも「設計・施工一体」です。しかしそれはお客様の利益に反します。設計と施工が分離しているからこそ、すぐれたデザインが生まれ、価格も抑えることができます。
「設計事務所に設計と監理、工務店に施工を依頼する」場合では、打合せを重ねて、納得した図面ができた段階で工務店を選べます。詳しく見積書をチェックして、納得した工事金額で請負契約を結ぶことになります。
 最近、社会問題ともなっている、工事中の手抜きや欠陥住宅を防止し、質の高い住まいにするため、監理者は設計図面通りに工事が進んでいるか、変更や追加にどのように対応するか、チェックをします。ここで最も大切なことは、監理する立場の「第三者としての中立性」です。
 監理する人が、工事する会社の内部の人であれば、多少のことは見過ごされてしまう可能性があることは、あえてご説明するまでもないでしょう。
 悪意をもって手抜きをするケースだけでなく施工技術や知識の未熟により知らないうちに欠陥を助長している場合もあります。つまり、設計監理と施工が分離していない会社の監理はあくまで自己採点にすぎません。ハウスメーカーや工務店とは独立した立場にある※専業の設計事務所だけが客観的な目で現場をチェックできるのです。
 ※ハウスメーカーや工務店にも設計事務所を併設している会社が多いです。専業の設計事務所
  とは、施工を行わない設計のみを業務としている設計事務所のことです。
  当社の相談にも、兼業の設計事務所であることを隠して工事会社なのに設計事務所に依頼し
  たと勘違いさせられた相談事例がありました。
 平成21年、暇疵保証が義務化されました。大変良い事です。しかし、この瑕疵保証を担保する瑕疵保証保険の現場検査は、たった2回のみです。構造の一部分の検査です。施工の内容を逐一検査するものではありません。「設計事務所に頼まずとも、自分でチェックすればよい」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、素人がプロの施工状況を監理することは不可能です。まして、平面図や立面図といった簡単な図面が10枚程度しか作成されていないような場合は、工事チェックのやりようもありません。

 ●工事監理とは ←こちらをクリック

 ●住まいのコラム ←こちらをクリック
  

家づくりのアドバイス

良い家づくりに一番重要なのは設計です 
遮熱住宅 
温水セントラルヒーティングシステム
二世帯住宅
住まいの防犯で気をつけるポイント