本文へスキップ

山形市の一級建築士事務所  山形で環境を考えた省エネ住宅、地域に根ざした建築空間を設計しています。

電話でのお問い合わせは023-646-3553

〒990-2453 山形市若宮2丁目8番33号

工事監理の詳細real estate

工事監理の一例です。 (最新の工事監理状況はブログをご覧ください。)

設計図通りに工事が行われているか現場に行って施工状況の確認を行います。
工事期間中はおおよそ1週間に一度の現場確認と工務店との打ち合わせを行います。現場との電話、メールによる連絡はほぼ毎日行っています。
クライアント様には、現場での打ち合わせ内容、指示および確認事項の内容を工事写真とともにご提出しています。

地盤調査

きちんと調査をして、改良が必要な場合は適切な地盤補強を行います。  
調査の立会いを行います。

地盤補強工事

柱状地盤改良工法による地盤補強工事。
建物位置と杭芯位置出しをしてからコラムの打設をします。 位置チェックを行い、補強工事に立ち会います。
地盤保証会社の保証が付きます。

仮設電気設置と遣り方

建物の配置と地盤の高さを決め、 各寸法のチェックを行います。
敷地からの離れを再測量させて補正しています。

基礎工事開始

土を掘る前に基礎杭や掘削深さなどを指示します。
この時点で材料発注について、確認します。サッシの防水テープ、補強金物の種類などを具体的に指示し確認します。

べた基礎配筋工事開始

基礎の配筋図面をもとに配筋の方法、種別継ぎ手位置、補強筋、かぶり厚さ、基礎断熱施工、など具体的に説明し指示します。
重ね継ぎ手一部修正させています。

当社の基礎配筋検査1回目

鉄筋と型枠との間には適切な隙間が必要です。その他に前項で指示した施工になっているか確認します。 スペーサーの位置修正と個数を増やすよう指示しています。
設備配管検査も合わせて行います。

住宅保証会社の基礎配筋現場検査

検査に立ち会います。
問題があれば速やかに修正させて確認します。
検査員からの指摘事項は、前項で修正確認しているのでありませんでした。

当社の基礎配筋検査2回目

保証会社の検査に加え、当社独自のさらに細かい点まで検査します。
コンクリート打設前の最終チェックを行い、かぶり厚さ、スペーサー配置、点検口補強、スリーブの補強筋などを確認します。

基礎土間部分のコンクリート打設

打設に立ち会う他、これまでの検査で是正を指示した箇所がある場合などは、再度確認を行います。コンクリート調合表を提出させているので、指定通りか現場でコンクリート納入書を確認する。

水道と下水道の本管分岐工事

立ち会い確認します。
道路使用許可を取って安全に施工されているか確認します。

基礎型枠とアンカーボルト検査

当社ではアンカーボルトはすべて基礎図面に詳細な位置を記入し、現場で位置出しを行い、器具でずれないよう固定します。ボルトの高さもチェックします。この現場ではアンカー位置と不足及び型枠寸法の是正を指示しました。

基礎型枠検査

型枠の一部を組み直しさせています。点検口位置、基礎切欠き部分、基礎高さ、幅、などの各寸法を是正させ確認しています。
断熱材の損傷があり一部入れ替えさせました。型枠内のゴミも確認します。

基礎コンクリート打設

前回の是正指示部分の確認をします。打設に立ち会い、コンクリート品質確認書を提出してもらいます。
雨などの天候に注意して、打設を行わない場合の判断もします。

型枠解体、建物廻り整地確認

コンクリートが綺麗に打設できているか確認をします。建物周り整地を行います。土間コンクリートの配筋確認をします。差筋を行います。

外部整地、足場組立

この現場では、一部の施工図がまだ提出されていなかったので、催促しています。
養生計画について打ち合わせします。


土台取付

ヒバ無垢土台を使用しています。現場納入木材の強度と種別の確認。アンカーボルト締付け確認。土台パッキン材、基礎断熱施工の確認。断熱材欠損部の補修指示する。
基礎断熱材と基礎には当社独自の防蟻処理を施しています。

建方完了確認

合板の種別確認をします。
小屋組みの一部の是正指示をする。
構造材強度と種別、サイズの確認をする。
高さ関係の寸法確認する。

金物取付開始

各部の構造金物取付始まる。小屋組みの是正を確認する。電気設備施工図と給排水設備施工図をチェックします。
屋根下葺確認と雨対策の養生シートを屋根全面にかけるよう指示する。

耐震性が高い剛床施工確認

構造用合板厚さ28mm施工。図面指定の釘が使用されているか確認を行います。釘打間隔一部是正指示。指定釘でなかったり間隔が間違っていたり、深く打込過ぎがあったりする場合が多いので、チェックが欠かせません。

金物取付

最近の住宅は構造補強金物がたくさん使用されているため、入念に検査をする必要があります。
金物の使用指示図面を基に、ビスを間違えないよう細かく指示し確認します。

構造補強金物の取付検査

指定の金物が取り付いているか確認します。一部に指定以外の金物が付いているので是正指示し確認する。

構造補強金物の取付検査

金物検査の他にも、外部サッシの取付方法や防水テープの貼り方を現場で指示します。構造金物はすべての箇所の取付状況を写真撮影します。

2階床合板の釘打ち検査

1階と同じように釘種別、打込み方を検査します。一部間隔が広い箇所があり、増し打ちを指示して確認する。
床を丈夫にするために合板の継ぎ目には受け材の梁を全箇所に設置しています。

住宅保証会社の構造現場検査

事前にTOMO設計で構造検査を行い、是正して確認しています。検査に立ち会います。まったく問題なく合格しました。

建物構造見学会の開催

住宅は隠れて見えなくなる所が大事なのです。構造部分が見える見学会は一度見ておく価値があります。そして行ったら納得するまで質問しましょう。

外壁工事、ユニットバスの確認

断熱ビスや指定したサイディング金物が付いているか確認します。 断熱ビスで短いビスが一部納品されていたので全て交換させる。ビスの間隔が広い箇所あり是正させる。手すり位置が間違っていたので是正させる。

サイディング工事の確認

サイディングの継ぎ目を細かく指示します。 電気工事の配線、回路確認する。
スイッチ等の位置最終確認をする。

外部内部工事検査

材料検査でバルコニーの小窓のサイズが間違っているのを見つけ交換させる。外壁の金物確認をする。サイディング工事が綺麗に完了しました。内部建具と造作木工事の検査を行う。

タイル工事の検査

内装材料の品番チェックを行います。
内装クロス張りの施工確認を行う。

シックハウス内装材料の検査

シックハウス関連の材料証明書、施工報告書を提出するよう指示します。
シックハウス関係の内装材料を検査する。問題なく施工されていることを確認する。

内部完成検査

洗面室のコルク床、造付収納の施工確認を行う。
ダクト式換気設備動作検査をします。
造作家具および建具の施工確認と動作の確認をする。
建具関係の施工確認を行う。
床、壁、天井の仕上げの確認を行う。

トイレと和室の内装、設備機器の確認

和室のタタミ、障子、フスマなど造作建具、造作棚、天井の仕上げの確認を行う。
トイレ、手洗いなど住宅設備の取付検査を行う。

リビングの内装確認

床、壁、天井の仕上げの確認を行う。
照明器具、コンセントなど電気関係の検査を行う。

キッチンの内装確認

床、壁、天井の仕上げの確認を行う。
キッチン流し台などの設備機器の検査を行う。換気扇、IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機、シャワー水栓などの動作確認も行います。

ダイニングの内装確認

照明器具、コンセント、スイッチなどの各部屋の確認をする。
2階ホール及び2階各部屋の電気設備や給排水設備の取付検査と動作の確認を行う。
2階の各部屋の建具と内装の確認を行う。
暖房機の取付検査と動作の確認を行う。

完了検査

建築基準法の工事完了検査と住宅保証会社の完成検査の立会いをします。問題無く合格しました。
その後当社の完成検査を行い、指摘事項の手直し工事が終了してから施主検査を行います。

外構工事検査

外構の配筋検査を行います。
カーポート、レンガとコンクリート床、塗り壁仕上げの門柱、外物置、花壇、家庭菜園を造ります。

カーポート床配筋検査

アルミカーポート積雪地対応型の施工を行います。
花壇や家庭茶園の化粧コンクリート積みを施工します。

外構完成検査

施主外構検査を経て、修正工事完了後住宅の引渡しとなります。完成後も快適に過ごすアドバイス、アフターケアまでしっかりサポートします。
さらにライフスタイルの変化に対応したリフォーム、増改築などのアドバイスを行いパートナーとして長くお付き合いさせていただきます。