本文へスキップ

山形市の一級建築士事務所  山形で環境を考えた省エネ住宅、地域に根ざした建築空間を設計しています。

電話でのお問い合わせは023-646-3553

〒990-2453 山形市若宮2丁目8番33号

よくある質問contact us

Q 相談したいのですが、どうすれば良いですか。
「住まいの無料相談」を開催しています。相談フォームよりお申し込みください。相談は無料です。
ご相談だけで、設計依頼にならなくても大丈夫です。遠慮なさらずにお問合せください。敷居は全然高くありませんので(笑)、お気軽にご相談ください。
住宅を販売する会社ではありませんから、家づくりに関する有意義なアドバイスをご提供できます。
Q TOMO設計の家づくりを教えてください。
お客様とのお話し合いを大事にして一緒に家づくりを考えます。
シンプルで飽きのこないデザイン、機能的で暮らしやすい、住宅の性能を重視した快適な住まいを設計しています。自然素材、無垢の風合いを生かし、高い耐震性と耐久性、維持・メンテナンスのしやすさも考慮した家づくり。また第三者としての工事監理を重視しています。
高齢者や障がい者の方に、いきいきと生活できる住環境を、介護での自宅改修など福祉住環境コーディネーターがアドバイスします。
Q 設計事務所との家づくりとは。
ハウスメーカーや工務店での家づくりでは、仕様がほぼ決まっていて、でき上がりがイメージしやすい反面、住まい手に合わせてカスタマイズできる範囲が決まっています。 それに対して、設計事務所での家づくりでは決まった仕様がなく、お客様の要望に合う家を一から作り上げていきます。
住宅設計を行う設計事務所は一般的に少人数のところが多いようです。営業担当者がいるようなところは無いので、営業ノルマがあり契約を急かされるようなこともありません。ですので、家づくりについてゆっくり打ち合わせをした上で、設計契約を行うことができます。住宅計画がまだ固まっていないのに工事契約をする必要もありません。お客様のリクエストにひとつひとつ答えていきますから、時間も打ち合わせも多少長くなることがあります。でもそこが楽しみであるとも言っていただいています。
Q まだ相談内容がまとまっていなくても大丈夫ですか。
最初から要望を上手にお話できるお客様はほとんどおりません。お話をお聞きしながらお客様の想いを確認しながら設計を進めていきますので、ご安心ください。他のところですでに相談中でも大丈夫ですので、まずはお問合せください。
Q 家族の意見がなかなかまとまりません。
ご家族皆さんに喜んでいただける家づくりをしたいので、時間がかかっても納得されるまで次には進みません。皆さんの意見や希望をまとめて設計案を提出します。それを見ながら意見の集約を行います。
二世帯住宅もたくさん経験していますので、どうぞ安心してご相談ください。「二世帯住宅のアドバイス」こちらも参考になりますのでご覧ください。
Q 工事中の施工ミスや欠陥工事が心配です。
施工業者におまかせでなく、工事がキチンと行われているかチェックが大事です。
構造や断熱、防水、など隠れて見えなくなる前に確認することが大事です。TOMO設計の家づくりでは、第三者として施工業者でない私たちが、お客様に代わって工事中のチェックをします。
Q 「工事監理」とは何ですか。
工事が設計図書の通りに施工されているか確認することを「工事監理」といいます。社会問題にもなっている、工事中の手抜きや欠陥を防止し、質の高い住まいにするため、設計者は設計図通りに工事が進んでいるか、変更や追加にどのように対応するか施主に代わって、施工会社の社員である現場監督とは別の立場でチェックします。施工会社が行った場合、自社のミスや不具合を厳しくチェックできない恐れがあります。また、不当な追加工事費請求の防止や、金額上のトラブル防止にもなります。
Q 設計事務所って変わった家を建ててませんか。
依頼した設計事務所によります。TOMO設計ではお客様が変わった家を希望しないかぎり作りません。
デザインのことだけにこだわって、数年後のことも考慮しないような住宅が、建築雑誌やテレビなどで取り上げられている現状は確かにあります。実際にテレビや雑誌などで紹介された家を見ると、数年もすると問題の起こるような設計が案外あります。
デザインにこだわりのあるお客様が雑誌に掲載されているような家を望まれ、それが機能、性能、コストに問題がある場合は、その点をご説明するようにしています。私たちは、もちろんカッコいい家をつくる設計事務所として取り組んでいます。ただ、デザイン重視ばかりで耐久性や機能性、性能の悪い家は作りたくないと思っています。
TOMO設計では住宅雑誌に掲載された住宅が数棟ございます。注意してほしいのは、広告宣伝費を支払い掲載される雑誌が結構あります。この場合はただの広告と同じですので、だれでも掲載や記事になります。優れているから掲載されているわけではないのです。(当社の掲載は広告ではありません。お聞きくださればお話いたします(笑)
Q 設計事務所の人は建築家とか呼ばれて取っ付きにくくないですか。
「TOMOさんて話しやすいですね」「お話を聞いて安心できます」「まじめで実直ですね」とかお客様によく言われています。設計事務所によっては、先生とか呼ばないといけないようなところもあるみたいですが、TOMO設計は普通にお話できますので、お気軽にお問い合わせください。
Q 設計事務所は施主の代理人となって働いてくれるとはどういうことですか。
施主と設計事務所には利害関係が発生せず、常に施主の立場に立って家づくりを行うことが出来るからです。
ハウスメーカーや工務店との家づくりでは、全ての打ち合わせにおける交渉を施主自らが行わなければなりません。そうなると、見積の内容ひとつ取っても素人さんである施主では判断できないし、契約の内容も施工業者が有利になっているケースが見受けられます。また工事中の施工ミスや不具合の判断も施主は素人ですので難しいと思われます。 工事の手直しが必要な事態になっても施工業者の説明に言いくるめられる場合がありえますし、反対に施工業者の説明が正しくても過剰に心配してしまうこともありえます。
設計事務所の業務として、素人である施主の代理人として、これら多くの交渉や査定などの業務を行うことも「依頼して良かった」と言われて感謝される大事な業務なのです。
Q 設計事務所に頼むと、高くなりませんか。
必ずしもそうはなりません。例えば、まったく同じ家をつくる場合、ハウスメーカーや住宅会社に依頼するより設計事務所に依頼したほうが一般的には安く作ることが可能です。
ハウスメーカーや住宅会社の価格には、工事費用のほかに営業マンの人件費・住宅展示場の建設と維持費・出展料も毎年かかります、さらに膨大な広告宣伝費用が多く含まれています。TOMO設計には営業マンが一人もいません。すべて設計者(建築家)が行っています。
ハウスメーカーや住宅会社は施主と契約が成立すると、地場の工務店に工事を下請けさせてメーカー自らが工事を行うことは一般的にありません。ハウスメーカーが下請工務店に発注する金額は、契約金額の6〜7割程度というのが相場です。下請工務店は3000万円の家なら2000万円程度の金額で工事を請け負います。
一般的な設計監理料の相場は工事費の10〜15%と(TOMO設計では%では報酬はいただいておりません。)決して安いものではありませんが、以上のことを考えていただければ、設計事務所もご検討いただけるのではないかと思います。TOMO設計ではもっと経済的な住宅を設計しています。
Q 設計事務所に依頼すればどこも同じでしょうか。
ビルや大型建築ばかりの設計事務所もあります。大きい建物と違い、住宅独特の細かい設計が必要です。
ビルとは別の取り組み方、経験が必要ですが、住宅などは若い所員に割り振られたりします。
工務店やハウスメーカーの下請けがメインの設計事務所は、お客様とのヒアリングから設計をまとめていくことや工事監理の経験があまりないので注意が必要です。デザインオンリーで奇抜な設計ばかりしている事務所は完成時の出来ばえのことばかり考えていることも事実です。こういった事務所は注意が必要です。
住宅を数多く設計している小規模の事務所が多数活躍しているのでお勧めです。
Q 設計料はどのくらいでしょうか。
設計と工事監理を合わせて設計料といいますが、一般的には工事費の10%くらいが設計料の相場です。
TOMO設計では%では報酬はいただいておりません。面積に基づいて設計監理料を算定しています。使用材料や住宅設備機器が高価なものを使って工事費が高くなっても報酬は代わりません。ただし、面積が120u以下は一律の料金になります。必要に応じて敷地測量費、地盤調査費、構造計算料などが必要になります。
Q 設計料って30万円くらいじゃないんですか。
極端に安い設計料を提示する設計事務所や施工会社には注意が必要です。
現在は最低限の設計業務内容が法律に規定されてますが、これを行うだけでも、設計料が30万円というのは無理があります。極端に安い設計料を提示する事務所が、住宅性能を算定するシュミレーションを繰り返したり設計図の作成量、設計図をたくさん作成して検討したり見積り査定や工事チェックなど何度もチェックに行けますでしょうか。施主の立場にたって、設計監理業務を遂行するには、お客様からの正当な報酬がどうしても必要であると思います。
どの住宅もほとんど同じ形状で使用材料もあまり変わりがないような住宅では、安く提供できるのは当たり前です。そのようなローコスト住宅で良いと思われるお客様には、別の設計施工メニューをご用意しています。土地の購入相談と合わせてローコストの住宅取得に向けてご協力できますのでお問合せください。
Q リフォームもお願いできるのですか。
構造や設備なども考慮して総合的にアドバイスしております。リフォームや増築時を利用して断熱補強改修や耐震補強リフォームも詳しくアドバイスできますのでご相談ください。
Q 融資相談は出来ますか。
融資相談を行っております。資金計画書を無料で作成いたします。住宅ローンのアドバイス、返済のコンサルティング、銀行紹介などお気軽にご相談ください。土地購入から完成までの住宅ローン手続きをすべてお手伝いいたします。
Q 気が弱くて意見を言いづらいのですが。
時間をかけて丁寧に打ち合わせを進めていきますから、ご安心ください。
常にお客様の意向を確認しながら進めていきます。工事が始まってからは、お客様の代理人となって工務店にお伝えします。直接では施工者に言いにくいことなども、どうぞおっしゃってください。
Q 間取りは自分で考えたいのですがいいですか。
問題ありません。ですがせっかく設計事務所に依頼していただけるのであれば、一度プランを提出させてください。もちろんお客様が考えられた間取りを元にプランニングすることも可能です。
Q 設計事務所の提案やプランに意見するのは気が引けます。
気にする必要は全くありません。最初のプラン通りに決まることはまずありません。
打ち合わせを重ねて変更を繰り返し、より良いプランへと仕上げていきます。お客様に納得していただくまで何度でもプランニングしますので、気兼ねなく意見をおっしゃってください。
Q 知り合いの工務店に頼むことは出来ますか。
可能です。ですが、質の良い家をつくるには、ある程度施工技術の高い工務店でなければなりません。
その確認はさせていただきます。TOMO設計で施工会社に対して施工指導コンサルも行っていますので、この方法で施工できる場合もあります。
Q 複数の工務店から見積もりを取ることは可能ですか。
取ることは可能です。相見積りを取るか、1社にするかご相談して決めていきます。お客様に了解をいただいた上で工務店に見積りをお願いしています。
Q 家づくりの知識がないため、しっかり工事が行われているか心配です。
お客様が家づくりに関する専門知識を持っていないのは当然のことです。お客様に代わって工事をチェックするのも設計事務所の大事な仕事です。施主の立場で工事のミスや手抜きがないか、また見積査定時のごまかしや契約内容に至るまで細かく確認しますので、安心してください。
Q 工事の見積り金額が適正かどうか、見積書を見ても分かりません。
ご安心ください。見積書の中身や金額が適正であるか厳しくチェックします。
専門知識のある私たちがチェックすることで適正な見積にすることができます。
Q 一人で大きな金額の契約に立ち会うのは不安です。
心配いりません。工務店との契約には同席いたします。
工務店との契約書の内容についても前もって確認いたしますので、ご安心ください。
Q プランニングは有料ですか。
ご相談は無料です。TOMO設計が得意としている省エネ環境設計、構造計算による耐震性、建築施工のチェック体制、アフターなど、弊社の仕事の進め方をご説明させていただき、ヒアリングした内容をもとにプレゼンテーションを行います。初回のプレゼンテーションは無料です。その後プラン作成依頼を受けた場合5万円とさせていただいております。プラン提出後にご契約いただいた場合は、設計料からこの金額を差し引きしますので事実上プラン作成は無料となります。
単なる間取りの組合せでなく、2週間はプランニングに取組みます。敷地調査、法規チェック、図面作成などを含めると、プランニング提案できるまでに大体3週間ほどいただいております。プランニング提案も、契約をいただいたお客様の基本設計と考える作業は同じです。
Q まだ土地を購入していませんが相談してもいいですか。
TOMO設計では土地探しから依頼していただいた方が何人もいらっしゃいます。
敷地についても専門的なアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。
無料相談サービスをご利用ください。
Q アフターメンテナンスは、どうなるのでしょうか。
施工工務店・専門工事業者でアフターメンテナンスを行います。
引渡し後1ヶ月、6ヶ月、その後は1年ごとに点検を行い、不具合がないか確認します。構造体と雨漏りについては10年間の保証が付きます。施工会社が廃業倒産などした場合のために住宅瑕疵担保責任保険が付いています。さらに地盤保証も付いているので安心です。ご希望であれば長期優良住宅の設計も可能です。
Q 内覧会などはありますか。
住宅構造内覧会、住宅完成内覧会(オープンハウス)を行っております。
随時HPやブログ等でご案内しております。完成している住宅の見学もできます。オーナー様の意向を確認する必要がありますが、まずはお気軽にお申し出ください。ご相談いただいた方には、開催案内をお送りします。