本文へスキップ

山形市の一級建築士事務所  山形で環境を考えた省エネ住宅、地域に根ざした建築空間を設計しています。

電話でのお問い合わせは023-646-3553

〒990-2453 山形市若宮2丁目8番33号

お客様の声contact us

家づくりへの想いや施工中のエピソード、お住まいになられてからのご感想など、お客様のお声を掲載しています。皆様の家づくりのご参考になることと思います。

house-KBO 山形市 付加断熱による低燃費な高性能住宅『Q1.0住宅』
 外皮平均熱貫流率 UA値[W/uK] 0.34 熱損失係数(Q値)1.05
 相当隙間面積(C値)0.17 フラット35融資住宅
 外壁付加断熱と桁上断熱による高気密高断熱「Q1住宅」
 構造計算による耐震等級3の高耐震住宅
 パネルヒーティング全館暖房

 house-KBO のクライアント様より、入居されてからのご感想をいただきました。

  • 高橋さんとの出会い

私は家を建てたいと考え始めてから、インターネットでどんな家がいいのか徹底的に調べました。
そこで、知ったのが新住協の省エネで快適な住宅であり、TOMO設計コンサルタントの高橋さんでした。

ホームページを拝見して、家づくりへの情熱と妥協しない姿勢を感じ、高橋さんにお会いして話を聞いてみたいと思うようになりました。

そして、新住協の住宅セミナーに参加した際、会場にいらっしゃった高橋さんに意を決してお声をかけたのが私の家づくりの始まりでした。

  • 設計事務所との家づくり

我が家の設計は約1年をかけてじっくりと取り組みました。

高橋さんは、間取り、住宅性能、耐震性能、設備、材料など、様々な私の要望を真剣に聞いていただき、検討してくださいました。私の要望がすべて実現できたわけではありませんが、真剣に向き合った結果、満足のいく家ができたと考えています。

また、設計と施工を分離して、工事監理を高橋さんにお任せできたことも大変心強かったです。

技術の確かな信頼できる工務店さんに施工していただき、さらに高橋さんに素人の私には分からない細かいところまで確認いただくという安心感は、設計事務所との家づくりのメリットでした。

注文の多い施主だったと自覚しておりますが、根気よく最後までお付き合いいただいた高橋さんには大変感謝しています。ありがとうございました。

  • 住み心地

今年の冬は、例年に比べて寒いようですが、我が家は大変過ごしやすく、家じゅうどこでもほぼ同じ温度をキープしています。

高断熱・高気密、パネルヒーターによる全館暖房の家を建ててよかったと実感しています。

太陽が出ている日には、日射熱だけで家じゅう暖かくなり、暖房を止めないと暑くなってしまうほどです。気候次第で冬に暖房を止めても暖かく生活できるQ1.0住宅のすごさを実感しています。

また、フローリングをはじめとした無垢材はとても心地よく、冬でも家に帰ってきたらまず靴下を脱いで、裸足になるのが家族の習慣になりつつあります。

日々当初はあまり重視していなかった無垢材ですが、高橋さんの勧めにしたがってよかったなと思います。

     

  

ご感想ありがとうございます。

クライアント様とは、セミナーでお声がけ頂いてからお付き合いが始まりました。
その後、弊社HPへお問い合わせをいただいて、住まいの無料相談を行いました。
大変勉強熱心なクライアント様で、こちらの説明をよく理解してくださり、設計に関するやり取りが楽しかったですね。
断熱や熱環境はもちろんでしたが、高耐震や住宅設備、トータルの住宅性能についての高性能化への追求は、並々ならぬものがございました。

もちろんコストをたくさん掛ければ良いと言うことではありませんので、フラット35などの融資制度の利用や暖冷房エネルギーについてもイニシャルコストとランニングコストをシミュレーションしての機器の選定及び住宅性能を上げるコストとエネルギー機器との関係を探っていき決定していく作業に多くの時間を掛けています。

お引越しは、12月でしたので、住宅の高性能さを十二分に堪能していただき、コメントを送ってもらいありがとうございました。
これからも、暖冷房、給湯などのエネルギー使用状況をご報告していただきたいと思います。